ダブル洗顔不要 クレンジング 無添加 保存 注意

無添加処方のダブル洗顔不要クレンジングは保存に注意!

ランキングでも人気が高いダブル洗顔不要クレンジングは、肌への優しさにもこだわったものが多いですね。例えばマナラホットクレンジングゲルなどは、無添加処方となっています。

 

このような無添加処方は嬉しいのですが、防腐剤なども使用されていないということは、中身が傷みやすいということになってしまいます。そのため、保存には細心の注意が必要です。

 

冷暗所で保存を!

ダブル洗顔不要のクレンジングはもちろんですが、基本的に化粧品は、直射日光の当たる場所、高温多湿の場所は避けて保存しなければなりません。風通しの良い冷暗所、というのが理想ですね。簡単に言えば、ワインセラーのようなところです。

 

さすがにダブル洗顔不要のクレンジングをワインセラーで管理するというのは難しいので、家の中で湿気が少なく、直射日光が当たらない場所を選んで保存しておきましょう。

 

手間をかけないために浴室に常備しているという方も少なくありませんが、浴室はまさに、高温多湿の場所です。保存場所には適していませんね。

長期の保存は避けて!

化粧品はしっかり精製して不純物を取り除きながら製造されていますので、そう簡単に腐るということはありません。ただし、これは未開封の場合に限ったことです。開封して空気に触れ、雑菌の付いた手で触れる・・・といったことを行うと、どんどん品質は損なわれていきます。

 

数日のうちにダメになるということはありませんが、できるだけ早く使い切ることが理想ですね。1カ月に1個使い切る、というのがベストなペースでしょう。あまりにも長期保存したものを使用すると、肌荒れを起こす原因になることもあるので注意しましょう。

冷蔵庫での保存は?

化粧水などのアイテムを冷蔵庫で保存しているという方もいますね。確かに冷蔵庫なら低温で傷みにくいですし、化粧水がひんやりして、特に夏場などは気持ち良く使用できるというメリットがあります。では、ダブル洗顔不要クレンジングはどうでしょうか?

 

これについては、メーカーなどにもより異なってきますが、基本的には常温での保存が好ましいでしょう。あまりに低温になると、クレンジングのテクスチャーが固くなり、使いにくくなってしまいます。ゲルやバームなど、テクスチャーにこだわって作っているものも多いので、できるだけ常温で涼しい場所を選んで保存しておきましょう。

関連ページ

高温のお湯は使わない!
ダブル洗顔不要クレンジングを使うとき「汚れがきちんと落ちていないのでは?」と不安になり、必死ですすいでしまう人もいます。すすぎはきっちり行わなければならないものですが、ここで高温のお湯を使ってしまうのは危険です。