ダブル洗顔不要 クレンジング お湯 温度

ダブル洗顔不要クレンジングには高温のお湯は使わない!

ダブル洗顔不要クレンジングは、しっとりと洗いあがる処方のものが多くなっています。そのため、「汚れがきちんと落ちていないのでは?」と不安になり、必死ですすいでしまう人もいますね。すすぎはきっちり行わなければならないものですが、ここで高温のお湯を使ってしまうのは危険です。

 

高温のお湯で肌が乾燥する!

油は温めることで柔らかくなり、落ちやすくなります。これは鍋を洗った際などにも実感できることですよね。そのため、高温のお湯を使ってクレンジング後のお肌をすすげば、皮脂やぬめりがすっきり落ちる感じがするでしょう。

 

ですが、この高温のお湯というのは同時に、大切な潤いまで奪っていってしまうのです。例えば冬場に高温のお湯で洗い物をすれば、手肌がガサガサになるでしょう。それと同じことが、顔で起こってしまいます。

 

ダブル洗顔不要クレンジングは、その多くがたっぷりの保湿・美容成分を配合してあります。ですが、高温のお湯で洗い流すことにより、そういった成分が台無しになってしまうのです。

理想的なお湯の温度は?

では、理想的なお湯の温度はどの程度なのかですが、これは「夏場に出した水道水のようなぬるい水」程度が良いとされています。イメージしているよりもずっと低温であると感じる方が多いでしょう。お肌の温度程度、と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、それよりも低温でも良いくらいです。

 

そんなぬるめのお湯、あるいは水を使って、すすぎ残しの無いように丁寧に洗っていきましょう。ただし、ゴシゴシするのは厳禁です。顔にパシャッとかけるくらいの感覚で繰り返してすすぎ、多少しっとり感が残っても、「潤い成分」として納得してください。

それでもスッキリしないなら?

どうしてもぬるま湯ですすぐだけだと、スッキリしないという場合には、拭き取り化粧水を利用してみましょう。ダブル洗顔不要クレンジングをよくすすいだ後に、拭き取り化粧水をコットンに含ませ、これで優しくお肌を撫でます。こうして古い角質を拭き取ることで、スッキリ感を実感できますし、クレンジングで落としきれなかった汚れにも気づくことができます。

 

それから、潤いを奪いすぎないダブル洗顔不要クレンジングによる「しっとりした洗い上がり」に慣れてしまうことも大切です。このしっとり感は決してお肌にとって悪いものではないので、これまでの「つっぱるくらいがスッキリする」という間違えた感覚を正しましょう!

関連ページ

無添加処方のものは保存に注意!
ランキングでも人気が高いダブル洗顔不要クレンジングは、肌への優しさにもこだわったものが多いですね。無添加処方は嬉しいのですが、防腐剤不使用ということは、中身が傷みやすいということになってしまいます。そのため、保存には細心の注意が必要です。