ダブル洗顔不要 クレンジング 馴染ませる すすぎ

ダブル洗顔不要クレンジングはよく馴染ませてしっかりすすぐ!

クレンジングでメイク汚れや毛穴汚れを落とすために重要なのは、とにかくしっかりと馴染ませることです。メイクや汚れがしっかり馴染んだら、今度はすすぎも大切です。
いくら時短ケアとは言っても、1つ1つのステップを丁寧に行わなければ、汚れを取り残すことになりかねません。

まずは5点に置く!

クレンジングをする際、小鼻の際や生え際、口元など、馴染ませるのをうっかり忘れてしまいがちな部分というのが出てきます。こういった部分にメイクや皮脂汚れを取り残すと、後々、ニキビなどの肌悩みが発生する原因になるので注意が必要です。そこで、ムラなく顔全体にクレンジングを使用できるように、まずは顔の5点に置いていきましょう。

 

5点というのは、両頬、おでこ、鼻、顎ですね。置いてから丁寧に伸ばすことで、ムラなく顔全体に行きわたらせることができます。これはダブル洗顔不要のクレンジングに限らず、コスメ全般に言えることです。落すケアも、与えるケアも、5点に置いてからの使用を心がけてください。

手が軽くなるまでマッサージ

クレンジングでメイクを落とすためには、油分をたっぷり含むメイクや皮脂と、クレンジングが「乳化」した状態にならなければなりません。その状態になったかどうかを見極めるのは、手の平に伝わってくる感触の変化です。最初は硬めのテクスチャーだったクレンジングが、肌の上でマッサージしているうちに、ふっと軽くなる瞬間があります。

 

こうして軽くなったら、これはしっかりメイクとクレンジングが乳化したサインです。この状態になったところで、すすぎを行っていきましょう。

すすぎはぬるま湯で30回!

せっかくダブル洗顔不要で負担の少ないクレンジングを使用していても、すすぎ残しがあれば、これが肌に大きな刺激となってしまいます。クレンジングを行った後には、しっかりとすすぐことが大切です。この時、使用するお湯はかなりぬるめのお湯にしてください。目安は、真夏に出てくる水道のぬるい水程度です。

 

そんなぬるま湯を用いて、30回ほどお肌にパシャパシャとかけてすすいでいきます。手っ取り早くシャワーを使用したいという方もいますが、シャワーの水圧は思いのほか強く、肌がたるむ原因になります。手の平ですくってかける、という方法ですすぎましょう。
髪の生え際や小鼻の脇などにも取り残さないよう、丁寧にすすいでください。

関連ページ

使用量はたっぷりと!
ダブル洗顔不要のクレンジングの大きなメリットは、お肌にかかる負担を減らすことができるという点です。ですが、使用量が少なすぎると、かえって負担を与えてしまうことになりかねません。たっぷり目の量を使用する、ということを心がけましょう。
温めて使用すると効果的!
お肌のケアをする際に、温度というのはとても重要なポイントになります。そこで、ダブル洗顔不要のクレンジングを使用する際にも、この「温める」というひと手間を加えてみましょう。特に秋冬など気温が低い季節には、このひと手間でお肌の状態が大きく変わります。
お肌を冷やすと効果的!
ダブル洗顔不要のクレンジングは、毛穴に詰まった汚れまですっかり落としてくれます。ですが、毛穴の汚れをすっぽりと抜いてしまうと、その後の毛穴は開きっぱなしという状態になりかねません。クレンジング後にはしっかり引き締めケアを行いましょう。